股関節痛を克服するために

痛みがひどくなってきたため、整形外科専門の病院を訪ねました。

周りで同じ症状になっている方の話を聞くと、整骨院や鍼灸院で治療を受けることで良くなったという話も聞きましたが、色々調べてみると一時的に良くなることはあっても根本的な解決にはならないような気がしたため、初めから病院に行こうと思いました。

訪れた整形外科病院でまず、最初に行ったことはレントゲン検査を行いました。レントゲン検査によって、大腿骨頭と寛骨臼の変形の有無や関節軟骨の損傷の度合いが分かると教えて頂きました。

また、医師から問診や触診も行われました。問診では痛みの程度や痛みによって生活にどのくらい支障が出ているのか、仕事はどのような業務を行っているのか、何かスポーツを行っているのかという質問がされました。

このような検査等を通して痛みの原因が変形股関節症と診断が下され、今後の治療方針を医師と相談しました。

相談の結果、私としては手術を避けたかったので保存的治療を選択しました。

保存的治療を選択したことですぐに完治はしませんでしたが、生活習慣の見直しや運動に気を付けることで痛みの緩和につなげることができました。

コメントを残す